日本風力開発株式会社

エネルギーロスが少なく、耐久性・環境性に優れたNAS電池を併設した次世代型風力発電所

エネルギー種別


風力

日本風力開発株式会社

取組経緯・内容

 当社は、風力発電所の開発及び売電事業を目的に平成11年に設立され、これまで、全国各地で200基以上の風力発電の開発を手掛けている。
 なかでも青森県六ヶ所村は、風況に恵まれ、送電線も近くにあり、土地の規制が少ないなどの好条件が整っていることから、66基稼働している。このうち、二又風力発電所は、世界で初めて大容量蓄電池を併設したスマートグリット型の風力発電所で、平成20年5月に運転を開始した。
 一般的な風力発電は、風速によって発電機出力に変化が生じ、送電電力も変動するが、蓄電池併設風力発電は、常に一定の電力を送電することができ、使用されているNAS(ナトリウム硫黄)電池は、エネルギーロスが少なく、耐久性・環境性にも優れている。

効果等

 グループ会社のイオスエンジニアリング&サービス株式会社では、風力発電機及び風力発電所のメンテナンス・運営・保守・点検を行っており、六ヶ所村には、日本で初めての風力発電用のメンテナンス要員育成施設「トレーニングセンター」が整備されている。

課題

 二又風力発電所は発電設備と蓄電池の組み合わせであるため、オペレーションが複雑である。
 また、イオスエンジニアリング&サービス株式会社では、グループ会社以外の風車のメンテナンスも請け負っており、全国的に風力発電の導入量が拡大傾向にあることから、人材不足が懸念される。

今後の展望

 今後も県内全域で風力発電の新規開発を進めていく。

活用施策

 再生可能エネルギー導入のための蓄電池制御等実証モデル事業(環境省)

写真

蓄電池併設風力発電

蓄電池併設風力発電

波及効果

 年間視察者人数は1,000名前後あり、国内だけでなく、海外からも訪れている。

詳細情報

事業者名 日本風力開発株式会社
所在地 東京本社
〒105-0003 東京都港区西新橋一丁目4番14号 物産ビル4階

東北本社
〒039-3212 青森県上北郡六ヶ所村大字尾駮字家ノ前1番地60 SOUWAビル
実施場所 〒039-3212 青森県上北郡六ヶ所村大字尾駮字弥栄平1-87
六ヶ所村風力発電所:六ヶ所村風力開発(株)
六ヶ所村二又風力発電所:二又風力開発(株)
吹越台地風力発電所:吹越台地風力開発(株)
代表者 代表取締役社長 塚脇 正幸
担当 東京本社 開発本部 立地開発部 副部長  兼 プロジェクト部 副部長 内山 審
電話番号 03-3519-7250
ファクス 03-3519-7255
ウェブサイト http://www.jwd.co.jp/
設立年月 1999年7月
従業員数 163名(平成29年1月末現在)
資本金 100000000
規模 青森県内
①六ヶ所村風力発電所
発電設備:1,500kW 20基
発電容量:30,000kW
②六ヶ所村風力第二発電所
発電設備:1,425kW 2基
発電容量:2,850kW
蓄電池設備①②:NAS電池 2,000kW 5台
③六ヶ所村二又風力発電所
設備:1,500kW 34基
発電容量:51,000kW
蓄電池設備:NAS電池 2,000kW 17台
④吹越台地風力発電所
設備:2,000kW 10基
発電容量:20,000kW
蓄電池設備:NAS電池 2,000kW 6台
取組期間 ①2003年12月~
②2004年11月~
③2008年5月~
④2015年4月~
このページを印刷
MENU

ページの先頭へ