弘前市

雪室による冷房設備や太陽光発電システムなど、再生可能エネルギーを活用した環境にやさしい庁舎

エネルギー種別


太陽光

雪氷熱

弘前市

取組経緯・内容

 当庁舎は、築30年を超えることから、平成23年度に老朽度や耐震性を調査。耐震の目安となる基準値0.7を下回ったことから、耐震補強工事(平成25年度)と大規模改修工事(平成26~27年度)を行った。
 弘前市では、平成26年3月に策定した雪対策総合プランで、雪冷熱エネルギーの活用を掲げていることもあり、改修工事では、既存の車庫を雪室に改修・整備し、雪冷熱による冷房設備が導入されたほか、太陽光発電や蓄電池の導入、全照明のLED化など、環境・省エネに配慮した庁舎となった。

効果等

・夏季電力量の削減
・再生可能エネルギーの活用
 ①雪室から供給される冷熱量  54GJ/年
 ②岩木庁舎1階フロアで必要となる冷熱量  282GJ/年
 ③再生可能エネルギー率 19%(①/②×100)

課題

 雪室は既存建物を改修したため、構造上の制限があり、雪の充填には複数の重機を使用しなければならず、作業の簡素化・効率化が課題となっている。

今後の展望

 市有施設への導入は初の試みであり、夏季電力料の削減が見込まれることから、稼働状況(削減効果)によっては、他の施設への導入についても検討を行う。

活用施策

・雪室
 再生可能エネルギー熱利用加速化支援対策費補助金(経済産業省〔執行団体:一般財団法人 新エネルギー導入促進協議会〕、補助率1/2)
・太陽光発電、蓄電池
 再生可能エネルギー等導入地方公共団体支援基金(環境省、青森県)

写真

旧福祉バス車庫を雪室に改修

波及効果

 雪室には、見学スペース、カメラ、モニターを整備するなど見学対応を行っており、施設見学の依頼が増えるものと予想される。

詳細情報

事業者名 弘前市
所在地 〒036-8551 青森県弘前市大字上白銀町1-1
実施場所 〒036-1393 青森県弘前市大字賀田1丁目1-1
       弘前市岩木庁舎
代表者 弘前市長 葛西 憲之
担当 岩木総合支所 総務課 課長補佐 笹 淳平
電話番号 0172-82-1621
ファクス 0172-82-3118
ウェブサイト http://www.city.hirosaki.aomori.jp/jouhou/keikaku/iwakichousya-seibi.html
規模 ・雪室
  内容量 約400㎥
  雪貯蔵量  約360㎥
  供給冷熱量 54GJ/年
・太陽光発電 20kw
・蓄電池 18kwh
取組期間 工事開始:平成27年11月~
雪室完成:平成28年2月10日
このページを印刷
MENU

ページの先頭へ